SEO対策

PageSpeed Insightsとは?使い方と各項目をご紹介

PageSpeed Insights 使い方

kyousuke

元会社員 / 独立3年目 - 2020年3月 → 収入7桁達成 - 2020年3月 →「HiEA-ブログ-」開設。 - 年齢22歳 生年月日1998 / 03 / 06 - 普段は自宅に引きこもりつつ読書や映画鑑賞、記事を書いています。 ゲームも好きなので、たまにゲームもやったりしています。

 

過剰同調性 特徴 克服方法

コミュニケーション

2020/10/13

空気を読みすぎる過剰同調性の克服方法と付き合い方

    「相手に気を使いすぎてしまう」「相手の機嫌を伺ってしまう」 仕事や恋愛などにおいてこのような経験がありませんか? このような人はその場の空気を読みすぎてしまう「過剰同調性」の傾向があります。空気を読むことはコミュニケーションにおいて非常に重要なことですが、空気を読みすぎてしまうのは別です。 本記事では、過剰同調性について解説し、改善する方法をご紹介します。     INDEX1 過剰同調性とは2 過剰同調性の特徴とは2.1 空気を読みすぎてしまう2.2 とに ...

ReadMore

自尊心とは 自尊心の高め方

コミュニケーション

2020/10/11

「自尊心」とは?自尊心が低い人の特徴と高める方法

    「自分はどうせ何も出来ない」「他の人が褒められていると嫉妬してしまう」「周囲に流されやすい」 自尊心が低い人というのは、このような気持ちに陥りやすいです。みなさんはこのような気持ちがありますか? 少しでも当てはまるようなら、本記事でご紹介する「自尊心を高める方法」を是非実践してみてください。きっと自分に自信が持てるようになりますよ。   INDEX1 自尊心とは何か2 「自尊心」と「プライド」の違いとは3 「自尊心」と「自己肯定感」の違いとは4 自尊心が低い人の特徴4 ...

ReadMore

傾聴 意味 効果 使い方

コミュニケーション

2020/10/9

【傾聴とは?】傾聴の意味や効果、使い方をご紹介

    コミュニケーション能力は現代社会において、最も重要なスキルであり、仕事やプライベートなど様々な場面で必要とされています。 そのためコミュニケーション能力が低いために、職場の人間関係や友人関係などにおいて悩んでいる人も少なくありません。 コミュニケーション能力が高い人=会話力が高い人と捉えられがちですが、それだけではありません。相手の話を真剣に聞き共感することで相手が本音で話せる環境を作ることのできる「傾聴」もコミュニケーションにおいては非常に重要です。 傾聴は、カウンセリングや ...

ReadMore

バックトラッキング オウム返し コミュニケーション

コミュニケーション

2020/10/8

信頼関係を構築する「バックトラッキング」の心理学的効果と具体例

     「上手にコミュニケーションを取りたい」「人に好意や親近感を抱いてほしい」 こんな経験が誰にでもあると思います。 コミュニケーションが上手な人や人に好意や親近感を抱かれる人になるには、相手の話をよく聴いてあげて、受け入れてあげることが重要です。 そんな時に役に立つのが「バックトラッキング」という心理学テクニックです。 バックトラッキングをうまく活用することで、相手に好意や親近感を抱かせ信頼関係を構築することができます。 本記事ではそんなバックトラッキングについて説明していきます ...

ReadMore

イエスセット 心理学 効果 具体例

コミュニケーション

2020/10/8

イエスセット(yes set)とは?心理学的効果と使い方【具体例あり】

    絶対に相手に「YES」と言わせたい場面ってありますよね。 例えば、「営業での商談」「好きな異性へ告白する時」など。 そんな時に役立つ心理学テクニックが「イエスセット(yes set)」です。 本記事ではそんなイエスセットをご紹介していきます。   こちらもCHECK こちらもCHECK     INDEX1 イエスセット(yes set)とは2 イエスセットの使い方3 あのタモリさんもイエスセットを使っていた4 イエスセットをする上での注意5 バッ ...

ReadMore

開放性の法則 心理学

コミュニケーション

2020/10/7

相手との距離を縮める「開放性の法則」の心理学的効果と使い方

    皆さんは職場の人とどのような会話をしていますか? 中にはプライベートの話はできるだけ避けている人もいるのではないでしょうか。 しかし、職場でいい人間関係を築きたいのであれば、プライベートの話を避けずに、話すことをオススメします。 なぜなら、人間には「開放性の法則」というものがあるからです。 開放性の法則は、仕事や職場、恋愛などのプライベート面など、あらゆる場面で相手に親近感を抱かせることのできる心理テクニックです。 本記事では、開放性の法則についてご紹介していきます。 &nbs ...

ReadMore

コミュニケーション

2020/10/7

【人との信頼関係を築く】ミラーリングの心理学的な効果とやり方

    「コミュニケーションがあまり得意から人と仲良くなれない・・・。」「職場の先輩や上司に好意を抱いてもらうにはどうすればいいんだろう・・・。」こんな経験誰でも一度はあるかと思います。 こういった悩みを簡単に解決するには「ミラーリング」が非常に有用な方法です。 ミラーリングは様々な場面で活用することができる心理学で、人間関係を改善し円滑にするためにとても役立つテクニックです。 本記事ではそんなミラーリングについて紹介していきます。   こちらもCHECK こちらもCHECK ...

ReadMore

PageSpeed Insights 使い方

SEO対策

2020/10/7

PageSpeed Insightsとは?使い方と各項目をご紹介

    こんな方におすすめ PageSpeed Insightsの使い方が分からない PageSpeed Insightsを試してみたけど項目内容がわからない   サイトはスピードが命といっても過言ではありません。 2018年7月からスピードアップデート(Speed Update)が実装されました。 スピードアップデートとはモバイル向けページの読み込み速度が検索エンジンの評価対象に加わり、読み込み速度が極端に遅いページの検索順位に影響を及ぼすアルゴリズムのことです。 注意すべ ...

ReadMore

 

こんな方におすすめ

  • PageSpeed Insightsの使い方が分からない
  • PageSpeed Insightsを試してみたけど項目内容がわからない

 

サイトはスピードが命といっても過言ではありません。

2018年7月からスピードアップデート(Speed Update)が実装されました。

スピードアップデートとはモバイル向けページの読み込み速度が検索エンジンの評価対象に加わり、読み込み速度が極端に遅いページの検索順位に影響を及ぼすアルゴリズムのことです。

注意すべき点は、表示速度が極端に遅いページの表示速度を改善すれば評価が上がりますが、そうでないページの読み込み速度を速くしても評価が上がる訳ではないと言うことです。

ただ、サイトの表示速度は検索エンジンだけではなく、ユーザビリティにも影響します。なのでサイトの表示速度が遅ければ当然サイトへのアクセス数も低くなってしまいます。

googleの調査によると表示スピードが3秒を超えるとユーザの離脱率が53%を超え、遅ければ遅いほど離脱率が高くなってしまうようです。

そのため、表示速度を速くすることで極端に遅いページでなければ検索エンジンの評価には影響しませんが、ユーザーからの評価を得ることができるため結果的にPV数や検索順位などに影響してくるわけです。

みなさんも開いたサイトの表示が遅ければストレスを感じますし、表示が速ければストレスを感じず「また見たい」となりますよね。

なので、まずは自分のサイトの表示速度を確認することが大切です。

 

こちらもCHECK

ワードプレス キーリクエストのプリロード
「キーリクエストのプリロード」意味と改善する方法【ワードプレス】

続きを見る

 

 


PageSpeed Insights

PageSpeed Insights

PageSpeed Insights

「PageSpeed Insights」では上の画像のように自分のサイトのスピードを「0〜100」の数字で数値化して測定できるツールです。

PageSpeed Insightsでは下記のように、スコアの数値によって色分けされていて分かりやすくなっています。

 

スコア評価
90~100(緑)速い
50~89(オレンジ)平均
0~49(赤) 遅い

 

PageSpeed Insightsの使い方

まずは「PageSpeed Insights」を開いてください。

 

PageSpeed Insights

 

開いたら、"ウェブページのURLを入力"と書いてある入力欄があるので計測したいページのURLを入力して右側にある「分析」をクリックします。

すると下の画像のように、サイトの表示速度が表示されます。

 

PageSpeed Insights

 

ページの左側にある「モバイル」と「パソコン」ボタンをクリックすると、モバイルで閲覧した時の表示速度とパソコンで閲覧した時の表示速度を切り替えることができます。(※画像参照)

特に重要視するべきは、モバイルです。

近年では、スマホが普及したためスマホ利用者が増加し、パソコンの利用者が激減したからです。(詳しくは以下の通り)

 

 2019年調査

出典:LINE調べ

デバイス利用者割合
スマホ92%
PC41%
スマホのみ54%
PCのみ3%
スマホとPCの併用38%

 

下にスクロールしていくと、遅くなってしまっている原因が詳細に表示されているので確認しておきましょう。

 



 

ラボデータ

PageSpeed Insights ラボデータ

 

下にスクロールしていくと画像のようにラボデータが詳細に表示されています。

項目の左側にあるマークは評価です。

● 90–100 ■ 50–89 ▲ 0–49

上の画像の内容だと表示速度が1.8秒、ユーザーが操作可能になるまで3.2秒かかっています。

各項目の内容は以下のとおりです。

 

項目内容
First Contentful Paint(FCP)テキストまたは、画像が初めて表示されるまでにかかった時間。
Speed Indexページのコンテンツが表示される速さ。

この速度が遅いとユーザーが離脱してしまうので、一番重要な項目と言えます。

3.0秒を超えるとユーザの50%以上が離脱してしまいます。

Largest Contentful Paintメインコンテンツが表示されるまでの時間。
Time to Interactiveユーザーが完全に操作可能になるまでの時間。
Total Blocking Timeタスクの処理速度が50ミリ秒を上回った場合の、コンテンツの初描画から操作可能になるまでの合計時間。
Cumulative Layout Shift(CLS) ビューポート内の視覚要素がどのくらい移動しているかの指標。

 

それでは、さらに下にスクロールしていきましょう。

 

改善できる項目

PageSpeed Insights 改善できる項目

 

改善できる項目に表示された項目を改善することでページの表示速度を速くすることができます。

この項目もラボデータ同様、左側のマークが評価となっています。

● 90–100 ■ 50–89 ▲ 0–49

 

PageSpeed Insights 改善できる項目

 

詳しく知りたい項目をクリックすると、画像のように改善方法や減らせるデータ量、短縮できる時間を確認することができます。

 



 

診断

PageSpeed Insights 診断

 

この項目では、アプリケーションのパフォーマンスに関する改善点が詳細に挙げられています。

また、こちらの項目も先ほどと同様に、左側のマークが評価となっています。

● 90–100 ■ 50–89 ▲ 0–49

 

合格した監査

PageSpeed Insights 合格した監査

 

こちらの項目ではPageSpeed Insightsの分析の結果、改善する必要がないと判断された項目を確認できます。

こちらの項目数が多ければ多いほど表示速度が速いページになります。

 

測定するたびPageSpeed Insightsの測定結果が変わる

同じページを連続でPageSpeed Insightsで測定してみると、測定結果に相違が生じます。

なぜ相違が生じてしまうのか、詳しくは分かりませんが、もっと正しくページの表示速度を確認したい方はPageSpeed Insightsdだけではなく別の測定ツールを併用してみましょう。

 

他のページ速度測定ツール

Test my site

Test my site

Test my site

「Test my site」はgoogleが開発したモバイルサイト専用の速度測定ツールです。

PageSpeed Insightsとは違い、3Gでの読み込み速度や他のサイト全体と比較してサイトを評価してくれるので、自分のサイト表示速度が平均的なのか遅いのかを確認することができます。

評価は下記の3段階に分かれています。

高速 0〜2.5秒 平均 2.5〜4秒 低速 4秒以上

またメールアドレスを登録することで、測定結果をさらに詳細に確認することができます。

 



 

Pingdom

Pingdom

Pingdom

「Pingdom」では日本だけではなく、ヨーロッパやアメリカなど世界中の国々でのサイトスピードを測定することができます。

そのためグローバル向けのサイトを運営している方にオススメだと思います。

さらに会員登録することで、サイトが停止してしまった場合やサイト復旧後に通知で知らせてくれるシステムとなっているので非常に便利です。

 

Site24×7

Site24×7

Site24x7

「Site24×7」は先程の「Pingdom」同様に世界中の国別でのサイトスピードを計測することができるツールです。

Pingdomと違って測定結果が日本語で表記されているため誰でも分かりやすく測定することができます。

 

 

まとめ

ページの表示速度は検索エンジンだけでなく、ユーザビリティにも重大な影響を及ぼしアクセス数や検索順位に深く関わっています。

PageSpeed Insightsなどの表示速度測定ツールを使うことで、改善できるポイントを確認してユーザーが利用しやすい環境に積極的に改善していきましょう。

 

  • この記事を書いた人

kyousuke

元会社員 / 独立3年目 - 2020年3月 → 収入7桁達成 - 2020年3月 →「HiEA-ブログ-」開設。 - 年齢22歳 生年月日1998 / 03 / 06 - 普段は自宅に引きこもりつつ読書や映画鑑賞、記事を書いています。 ゲームも好きなので、たまにゲームもやったりしています。

-SEO対策
-, ,

© 2020 HiEA-ブログ- Powered by AFFINGER5